ヤマロク醤油 鶴醤 500ml

¥ 1,296

口の中でぱっと広がる芳醇な味と香り。
「鶴醤」は「深いコクとまろやかさ」を極限まで追求したヤマロク醤油の自信作。
「再仕込み製法」を用いて造るこの醤油は約2年の熟成期間を経て完成した生醤油を、
商品にすることなくもう一度樽に戻し、再び原料(塩以外)を加えて、もう2年ほど仕込む二度仕込み。杉樽にて熟成しています。
倍の原料と歳月を加え自然の力でゆっくり育てること。塩の代わりに、かどのとれた生醤油の塩分を利用することで、これまでにない深いコクと香り、まろやかを引き出しました。
濃厚な割に塩分は低く、醤油のもつ「旨み」がもっとも生かされた醤油といえます。

福屋コメント

木桶は、保湿性が高かったり、酸に強い性質から発酵するのにメリットも多く
ホーローと違って微生物も残り続けるため複雑味がましたりして、木桶で酒を造る酒蔵が増えています。
お取引のある仁井田本家さんも田村の木を使い、ヤマロクさんで木桶を作ってお酒を醸造しておられます。また、寺田本家さんの蔵元も木桶作りを手伝いに行かれているそうです。
それでとても気になっていたので、香川県に行って小豆島のヤマロク醤油を見学させていただきました。モコモコと菌が生きている木桶、味わったことのない奥深い味わいに驚きました。
私たちは酒屋ですが、日本の発酵文化、木桶を次の世代につなぐことを応援したく、
また、美味しいお醤油をぜひお客様にも味わっていただきたいと思っています。

ヤマロク醤油

ヤマロク醤油さんは、今、なくなりつつある木桶を使って醸造する数少ない醤油屋です。
醤油、味噌、酒、酢、味醂という日本の食文化の基礎と言える発酵調味料を造る微生物は、タンクにはほとんどいませんが、木桶には棲みつくことができます。
木桶による醸造が多く残っている業界が醤油と味噌ですが、生産量の1%という現状。木桶をつくる会社も大阪の堺市にある「藤井製桶所」一社のみとなりそこに弟子入りされついには、小豆島で新桶を作っておられます。
木桶仕込みの発酵調味料を守り、日本の発酵文化を守り続けています。「木桶職人復活プロジェクト」として全国から様々な蔵元が集まり、小豆島で新桶を製作しています。毎年木桶サミットも開催されています。

                             

※この商品は最短で7月7日(火)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 1,200円
こちらもおすすめ
  • ヤマロク醤油 アーモンド鶴醤つけつけ 500ml
    ¥ 550
  • ヤマロク醤油 菊醤 500ml
    ¥ 1,296
  • 寺田本家 うふふのモト
    ¥ 316