べにや長谷川商店 前川金時 200g

¥ 457

【お豆のこと】
風味豊かで濃くのある味わいが特徴。煮崩れしにくい上、
ほくほくした食感で煮豆のほか、パン、ご飯、ケーキやゼリーに合います。
「玄米には前川金時」という方もいるくらい、特に玄米などお米との相性がよく
豆ご飯には最適です。

在来種とは…
在来種とは、農家が自家用に数十年にもわたって代々つくってきた豆のこと。
その土地の気候や風土に適応しようと豆地震が変容して、ようやくその土地の豆になりました。
一般には地豆と呼ばれている在来種の豆は美味しく、味、色、形も個性的でひときわ目立つ存在感と自然淘汰の過程を経て生き残ってきたたくましさに満ちています。
在来種に対し、育成品種(F1のこと)といって、ある特性(収量がある、寒さに強い、粒が大きいなど)をもたせるために、人の手によってその特性をもった品種を掛け合わせて品種改良されたものがあります。

【福屋酒店から】
前川金時でぜひ作っていただきたいのは、甘く煮た前川金時でつくる
ばたばた焼き。私、福屋の副店長は北海道の出身で、小さい頃はよく
ばあちゃんが作ってくれて大好きでした。「まめだんご」と呼んでました。
ほっこり幸せな気持ちになるおやつです。

【べにや長谷川商店のこと】
北海道紋別郡遠軽町にて、在来種の豆を販売しています。
横浜のべにやビスでは、代表の長谷川清美さんが料理教室もされています。
特に力を入れているのが、現在、農家の自家用で地域にごくわずかにしか残ってない在来種の豆。代表の長谷川清美さんは、在来種の豆は農家の暮らしに深く根ざしていることから、彼らの衣食住を知って学び、体験することをテーマにした「豆くらぶべにや」というクラブをつくり、今後北海道のみならず全国に在来種ネットワークを広げています。
世界中の在来種の豆も取材されています。

                             

※この商品は最短で7月7日(火)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 常温便 地域別送料

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,490円
    • 東北

      • 青森県 1,180円
      • 岩手県 1,180円
      • 宮城県 1,070円
      • 秋田県 1,180円
      • 山形県 1,070円
      • 福島県 1,070円
    • 関東

      • 茨城県 970円
      • 栃木県 970円
      • 群馬県 970円
      • 埼玉県 970円
      • 千葉県 970円
      • 東京都 970円
      • 神奈川県 970円
      • 山梨県 970円
    • 信越

      • 新潟県 970円
      • 長野県 970円
    • 北陸

      • 富山県 970円
      • 石川県 970円
      • 福井県 970円
    • 東海

      • 岐阜県 970円
      • 静岡県 970円
      • 愛知県 970円
      • 三重県 970円
    • 近畿

      • 滋賀県 970円
      • 京都府 970円
      • 大阪府 970円
      • 兵庫県 970円
      • 奈良県 970円
      • 和歌山県 970円
    • 中国

      • 鳥取県 1,070円
      • 島根県 1,070円
      • 岡山県 1,070円
      • 広島県 1,070円
      • 山口県 1,070円
    • 四国

      • 徳島県 1,070円
      • 香川県 1,070円
      • 愛媛県 1,070円
      • 高知県 1,070円
    • 九州

      • 福岡県 1,170円
      • 佐賀県 1,170円
      • 長崎県 1,170円
      • 熊本県 1,170円
      • 大分県 1,170円
      • 宮崎県 1,170円
      • 鹿児島県 1,170円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,740円
こちらもおすすめ
  • べにや長谷川商店 在来種の青大豆 1kg
    ¥ 1,481
  • 寺田本家 うふふのモト
    ¥ 316
  • 白隠正宗 あまざけ 720ml
    ¥ 1,080