寺田本家 社会を醸す | 福屋酒店|オンラインストア|お酒の通販

2018/11/14 18:46


発酵するように調和して生きる。
面白く、涙ながら読んでしまった。
私自身も腐敗していた時があったからなのか。
無農薬無添加で自然酒を作る苦労、素晴らしさもよくわかった。微生物は凄い。

10年ほどになるけれど、山梨の有機農家さん、
ぴたらファームさんにお世話になった時飲ませてもらったお酒が
寺田本家さんの『醍醐のしずく』でした。
(当時はそんなこと知らずガブガブと呑んだ記憶あり・・・)

しばらく経ってまた違う形で再会したこのお酒、
また飲みたいと思って検索したら驚き「明日、お蔵フェスタやってる!」
次の日、千葉県神崎町に向かったのです。

発酵道にもあったとおり、至るところに、炭が。


そんな偶然によりお蔵フェスタにやってきた私達。
なんと新政の杜氏古関さんと、寺田本家寺田さんのトークショーが。
圧倒、感動。

スタイルは違えど日本酒の未来だけでなく酒蔵の未来を変えていくかたなのだと思いました。
同時に酒屋はどうあるべきかを考えさせられます。

お蔵フェスタはとにかく楽しいのですが、ただのフェスとは違う。
オーガニックな人たちと、日本酒好きな人たちと、地域の人が混ざり合って楽しんでる。
あぁ、醸されてる。と感じました。
酒蔵が中心となって発酵の里こうざきとなったことがわかりました。